うえのブログ

試行錯誤をしながらまともなブログを書けるようになるブログ

うえのブログ

自分を認めるということ

スポンサーリンク

上野ですーこんにちは。

 

自己肯定、ってすごい難しいと感じる。

 

というのは、自分を認めることが単純でもあり単純じゃない背景があって。

 

何でも簡単に考えれば簡単だけど、難しく考えると難しくなる。

 

私が敢えて難しいな~って考える理由は、一見すると自己肯定してるようでしてない場合のギャップとか曖昧さを指して思ったりする。

 

ちょっと考えてみたらそんな気付きが得られたから、ほー難しいねぇ。って簡単にまとめた感は否めない。

 

 

 

 

自己肯定、と言っても色々なタイプがいると思う

 

単純に、私にはどうせ無理とか。何やっても無駄とか口癖にしてる人は、パッと見で自己肯定が低いなって分かる。

 

でもふと、自慢話や自分が正しいと思ったことを攻撃的に貫こうとする人。

 

このタイプも、自己肯定が低いからこその行動なのかな?と思った。

 

とても自慢気で、自信に満ち溢れているように感じてた。けど。

 

この人は自分を認めるために、無理やり他人と比較して自分が優れてると思いこみ、自己肯定の低さを埋め合わせてるのかなぁと。

 

 

反論にとてつもない攻撃性

 

多分、その人は自分のやり方が正しいと思い、従わせる事をヨシとしていたのだと思う。

 

私が始めてヘルプに入った時、あまりにやり方が効率悪かったので聞いてみた。

 

その際は、「上野さんのやり方は逆に効率が悪くなるんだよね、とりあえずここでのやり方は決まってるからこれに従ってもらえる?」と言われた。

 

まぁ、私も性格が悪いのは自負しているんだけど、単純にほんとかなぁ?って思ってしまった。

 

勝手に試して、やっぱり私の思い通りの結果が出たので満足。と思ったらバレちゃって、勝手に何をやってるのかな?と来たものだ。てへぺろ気分。

 

事細かに説明したら、結構怒り始めちゃった。勝手な事をやられると困るんだよねぇと。

 

結果としては、時間にして2~3倍ぐらい無駄な時間を削減できる可能性があったのに。笑

 

 

冷静に考えてみた

 

本質を見た時に、どれが正しいのか?という視点を変えると、その人視点で言うなら自分の思い通りに動かしたかったんだろうなという事が見えてくる。

 

でもそれは、結果を出したいんじゃなくて。自分の自由にしたいというすごく個人的な我儘に近い。

 

自分の価値を躍起になって誇示しようとしてるから、私に崩されそうになってそういう行動に出ちゃったのかなと。

 

そう考えると、そもそもなんで自己肯定感が低くなっちゃうんだろう?

 

 

自己肯定が低くなる理由

 

結果とか、自分を評価するシステムに原因があると思う。

 

というのは、他人に評価されて初めて価値があるって思わされてるからだということ。

 

もっと簡単に言うと、個性を評価する仕組みって無いな~って。

 

自分の外側にあるものばかりじゃん、評価する仕組みが。

 

そしてその評価って大概、目標として設定されるから今の自分に無いものばかり。

 

もしくは一番上まで見せつけられるから、途端に取り組む前から自信を無くしてしまうような。

 

 

自己肯定を自分に当てはめる

 

私は正直、自分の自己肯定感が高いのか低いのか分からない。

 

ただ、割と我が道をゆくタイプではあるので、自分の価値を不当に貶めることは考えないかもしれない。

 

 

 

……かもしれない。

 

 

 

正直、頭も良くないし容姿に優れてる訳でもないし、年収も低いし。社会的な評価としては結構低めだと思う。

 

ただ、それはそれでいいと思うし、補いたかったら補っていけばいいと思う。

 

 

おわりに

 

いきなり怒られたので、ちょっと考えてみただけでした。

 

自己肯定って、周りに聞くと私の考えはすこーし違う気がする。

 

けど、こういう考え方もあるんじゃないかと思ってまとめずにおしまい。