うえのブログ

試行錯誤をしながらまともなブログを書けるようになるブログ

うえのブログ

マッサージって効果ないよ?と言われ調べた効果5選

スポンサーリンク

f:id:uenoyou111:20171109174028j:plain

 

上野です。こんばんは。

 

最近ちょっと忙し目なせいか、背中が張るんですよ。肩甲骨の間辺り。

 

いつもは温泉とかなんだとか色々アプローチするのですが、今回はマッサージを選びました。

 

まとめてみます。

 

 

 

 

マッサージ効果ないって言われた

 

もう、肩から張ってる感じですよね。あの忌々しき監視システムとかついたからだ…(仕事の話です)

 

これは、マッサージに行くべきだ!ってことで、よくその辺にある2980円のところへ行きました。

 

その際にちょっとやりとりしていた知人から

 

いやーマッサージって気休めだし効果が無いから気分転換にしかならないよ?

 

えっ、そうなの?行く前から言わないでよ。

 

と言う流れがありつつも、もう止められない私はちゃんと90分で予約して行ってきました。

 

 

体験してみて思うこと

 

いや、めっちゃ背中の張り取れるし気持ち良しだしすっきり感半端ないし、なんなら寝ちゃうし。

 

あっ、でもちょっともみ返しが来てる筋肉痛みたい。

 

肉体的な効果も次の日に感じられるし、精神的な部分も含めて効果が無いって言いくるめるのは……ちょっと言いすぎなんじゃないかと。

 

効果がないっていうのは、対症療法だから根本の解決にならないっていう意味かな~と思います。

 

それが独り歩きして、全くマッサージに効果がない、オカルトだみたいな認識になってしまったのかと。

 

 

マッサージの効果5選を挙げてみる

 

で、実際に科学的根拠のある論文等を参考にマッサージの効果を調べてみました。

 

1.腰痛に効果的

 

腰痛治療のガイドラインを米国内科学会(ACP)が発行しており、その中でも腰痛治療にマッサージの効果が盛り込まれています。

 

詳しくはこちら

 

http://healthdayjapan.com/2017/02/20/15249/?print=print

 

ただ、ここで挙げられる腰痛って時間経過で一定の回復が見込める腰痛に限るそうなので、しっかり病院に行ってレントゲンぐらいは撮ってもらった方が悪化しなさそうです。

 

2.細胞修復効果

 

アメリカの医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」にて、マッサージが細胞のミトコンドリアを活性化するという実験結果が載せられたそうです。

 

心理的効果の側面が強いマッサージですが、しっかり細胞まで活性化しているとなると……細胞から癒やされていると置き換えても良さそうです。

 

vitaminj.tokyo

 

3.ストレスホルモンの減少

 

45分間のマッサージを受けると、ストレスホルモンであるコルチゾールを減らし、白血球の量を増やすそうです。

 

ストレス解消に関してはこの辺がホルモンから減少という結果で見れますねぇ。

 

あと病原菌に対抗できる白血球が増えるので、体の抵抗力も増しますね。

 

jp.wsj.com

 

4.精神安定効果

 

これはもう言わなくともマッサージを受けた皆様が体感するところでもあります。

 

ストレス解消、ストレスホルモン減少に似た部分ではありますが、副交感神経がONになったり不安や緊張を取り除く効果があります。

 

wol.nikkeibp.co.jp

 

5.体の基礎的な力を上げてくれる

 

様々な不調、痛みや高血圧、不眠症、婦人科系の痛みや不調などを整える効果があります。

 

これは色々な効果が述べられているものを統括した内容なので、同じことをまとめた論文等は見当たりませんでした。

 

とりあえず不眠に関してはこちら

 

www.carenet.com

 

 

まとめ

 

効果が無いのに自分を甘やかす為だけの道楽、みたいな感じの扱いですが、最近は格安マッサージのおかげで利用しやすくなっていますね。

 

そして科学的にも効果が認められていて、それらは浸透してない印象です( •̀ㅁ•́;)

 

これはもったいない!

 

という事で、マッサージを活用しようと決心するのでした。

 

 

 

しかしながら、マッサージで一時的に体の不調へアプローチしても、実は何かの病気が潜んでいたという事態も考えられます。

 

まずは怪しき場合、速やかに病院で診てもらってから次の選択肢としてマッサージを選ぶべきですね。

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ