うえのブログ

試行錯誤をしながらまともなブログを書けるようになるブログ

うえのブログ

炭酸水とか特に効果を感じないけど、飲み続ける理由

スポンサーリンク

f:id:uenoyou111:20171129183755j:plain

 

上野です。こんばんは。

 

美容情報に敏感な方なら、炭酸水は美容にいいとかダイエットとかなんだとか情報を察知していることと思います。

 

もう炭酸水は好きで一年半ぐらい飲み続けているのですが、美容だとかそんな効果は一切感じません。

 

体重も変わりませんし。

 

今日は喉が乾くのか既に2本ほど空けてしまいまして、改めて効果でも調べて自分の現状を見てみようかと思った次第です(^ν^)

 

意図せず駄記事になりました(^ν^)笑

 

 

 

 

炭酸水の効果(一般的に言われてるもの)

 

ここでは炭酸水の効果を集めてみました。一部入ってなかったり違ったりする場合があるかもしれませんが、あくまで目安的に( •̀ㅁ•́;)

 

あと砂糖の入っていない、無糖の炭酸水を前提としています。

 

ダイエット効果

 

食前に飲むことで、お腹が膨れて食べる量を抑えられるというもの。中途半端に飲むと逆に食欲が増すので、たくさん飲まなきゃいけないのです。

 

美容効果

 

飲むより肌に直接使うほうが良いと言われています。あと血行改善の効果があるので、結果的に肌にも作用するという。

 

血流改善効果

 

上にも書きましたが、炭酸が体内に入ると血管を拡張してくれる効果が分かっています。

こちらは調べると分かりますが、学術記事が出てますので効果はちゃんと実証されています。

 

 

実際に一年半飲んでみて

 

まぁ、実際のところ炭酸を飲み続けたからと言って、体重が減ったり肌ツヤが上がったりなんてことは無いです。あるとしたら他の要因でしょう。

 

ダイエット効果に関しては、満腹感を出して食事量を抑えるというやり方なので。食事は野菜から、とか。キャベツダイエットとかと変わらないかなぁという印象。

 

血流改善はホントっぽいです。でも飲むより炭酸泉に入ったほうがずっと効果は高いです。

 

f:id:uenoyou111:20171129184158j:plain

 炭酸泉に入浴すると、細かな泡が付着し、まるでラムネやシャンパンの中に入っているように感じられます。
ぬるめのお湯でも実際の温度より約2、3度温かく感じるため、低い温度のお湯でゆっくり長湯すると良いでしょう。
体の芯から温まり、湯上り後も体がポカポカ温かく、持続性が強いのが特徴です。

炭酸泉とは?|高濃度人工炭酸泉

 

近くにいくつか炭酸泉を扱う温泉があるので、よく行きます。とっても体があったまるんですよね。

 

とまぁ、色々挙げてみたけど、正直どれも期待するほどの効果が見込めるとは思えないわけですね。

 

 

それでも飲み続ける理由

 

お風呂上がりとか、とってもおいしいですよ?(^ν^)笑

 

元々は炭酸水って苦手で、全然飲んだ事がなかったんですよ。でも一度お風呂あがりに飲む機会があって、飲んだら爽快すぎてハマりました。

 

私はかなり長風呂なのですが、お風呂上がりは今までミネラルウォーターを一気飲みしてたんですね。

 

ちなみに私が愛飲している炭酸水は、業務スーパーに売ってる激安炭酸水です。写真を撮るのが億劫になってしまったので、引用致します。

 

f:id:uenoyou111:20171130005337j:plain

炭酸水 レモン【業務スーパー商品レビュー】

 

(写真は1Lです)なんとこれ、500mlペットボトルは一本37円!

 

ノーマルフレーバーもあるんですけど、お風呂上がりはレモンフレーバーがスッキリして飲みやすいのです。

 

しかもこれ、格安炭酸水にありがちな香料添加じゃなくて、レモンエキスを使っているんです。

 

香料だけ使用と、レモンエキス使用じゃ味が全然違うんですよ。私の変なこだわりかもしれませんが。笑

 

 

流行る理由

 

じゃあ何でそんな効果を求めて流行ってしまうんだろう?って思ったのですが、まぁ飲むだけとか◯◯するだけ~っていうのはお手軽ですよね。

 

ちょっと効率化とは意味合いが違いますが、手間をかけずに結果を出したいとか。

 

私も結構めんどくさがりな面は多々あるので、そういう意味では手間かけずに結果が出るんじゃないかっていう人の黒い部分に着目した売り方は流行るのかなーなんて思います。

 

なんでもそうですが、何故そうなるのか?っていう本質な部分を押さえてないと、一時は良くても継続はしないかなって思っちゃいますが。

 

 

まとめ

 

自分の中ではわざわざジュースや飲み物を買う、という行為は偽物の贅沢だと思っています。

 

また違う話になっちゃうのですが、お金を出すことで一時の小さな幸せを手に入れるわけじゃないですか。

 

私はいずれ、身の回りのことを少しずつ正しい贅沢に切り替えていきたいと常々思っていて。

 

ジュースで例を挙げるなら、自分で果物を選定して皮をむいたり果汁を絞り出しやすいよう加工して、しぼりたて100%ジュースを嗜む。そして後片付け。

 

そうして時間や手間暇かけて作り上げたものを飲むのが、ホントの意味での贅沢だなぁと。市販品は自分の手は加わってないし、金額でしか計れる基準がないから。そこまで思い入れを持って飲み干すなんて難しいじゃないですか。

 

まぁ現状は難しい話なので、そんな妄想してます(^ν^)

 

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ