うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

掃除がもたらす効果は科学的にも超絶大?効果5選をまとめてみた

f:id:uenoyou111:20181007052009j:plain

2018/12/22更新

掃除するといい!と言われますが、具体的な効果を知る人はなかなか居ないんじゃないでしょうか。

 

自身も効果を感じているのですが、調べてみるとどうもオカルトじみてるというか…ちょっと腑に落ちない部分が多いイメージ。

 

なので、科学的にどうなっているのか調べてみようと思ったのです。

 

自身が掃除に目覚めたキッカケ

 

まず掃除の効果の前に、どうして掃除に目覚めたのか。そしてどうなったのか?その経緯をお話しようと思います。

 

※手っ取り早く効果を知りたい方は飛ばして下さい。

 

元々は大変ズボラだった私。一人暮らしをキッカケにほんのり掃除に目覚めたんですね。

 

自分の部屋だし、なんとなく散らかしてちゃいけないなって思ったんです。

 

その時は特に意識してなかったのですが、掃除をするようになってから仕事でも細かい部分に目が行くようになりました。

 

すると配慮が出来るとか、気付きのレベルが高いという評価がつくようになり、どんどん仕事を任せられるようになったのです。(都合の良い展開でもある)

 

どうも掃除をするようになってから、意識というか気付くレベルが上がった気がするし…もしや、かなりいい習慣なのでは?

 

と思うようになってからは、整理したい病・掃除したい病が定期的に訪れるようになりました。

 

掃除の効果5選

 

ということで、実際に調べてみた科学的な効果をまとめつつ載せていきます。

 

1.精神安定効果

 

部屋というのはその人の精神状態が反映されていると心理学的に言われています。掃除をしたくないと思っている状態から脱するには、まず形から入りましょう。

 

小さなところから始めると意外とやり続けることが出来て、やり終えた後は達成感とスッキリ!感に見舞われるはずです。

 

2.幸せホルモンが出る?!

 

掃除をしているうちに、どんどん綺麗になっていく様子を実際に見ることが出来ます。

 

するとセロトニンというホルモンが分泌され、汚い部屋を見ていたストレスホルモン分泌状態とは逆の状態となります。

 

3.ストレス解消

 

掃除の度合いにもよりますが、ある程度体を動かすことになるため適度な運動がストレス解消をもたらしてくれます。

 

幸せホルモンとの相乗効果ですごいことになります。

 

4.継続すると気付きのレベルが上がる

 

今まで見逃していた小さな汚れや、綺麗にしてくれた人、細やかな配慮と色々気付ける目線を持てます。

 

そしてそれはどんどん磨かれていくものなので、継続していけばいくほど研ぎ澄ませる事が出来ます。

 

5.余裕が出来て先を見据えられる

 

そもそも目線の違いなのですが、散らかす人は散らかった部屋に視点を合わせています。綺麗にする人は、綺麗にした部屋をイメージして行動します。

 

ここに大きな違いがあって、やる気や向上心があって行動していける人は部屋を綺麗にしていく力が備わっています。

 

まとめてしまうと、部屋を綺麗にすることで心も綺麗になり、雑念に惑わされなくなるというスピリチュアル的な表現になります。

 

汚い部屋にいるとなんでダメなの?

 

効果とは少し違いますが、なぜ掃除がなされていない部屋にいると悪影響を受けるのか。

 

こちらに関しては雑然と散らかった汚い部屋にいるだけで心が乱れると言われる理由にてまとめています。

 

無意識のうちに悪影響を受けているので、是非とも参考にして下さい。

 

まとめ

 

ちなみに私は洗面台の鏡が汚れているとすごく気になります。

 

自分を映し出す鏡に汚れがついたままというのは、自分に汚れがついたまま放置している事と同義だと思います。

 

ただ、言うほど最近は掃除が出来ていないので、もう少し力を入れたいところです。

 

ちなみに掃除が面倒だ!という方で多少、金銭的な余裕がある方はドンキホーテの格安wi-fi対応ロボット掃除機が出ているので利用してみてください。

 

※リンク先は私のレビュー記事です。これ、値段以上にすごく働いてくれます!かなりオススメです。

 

また、少しでもホコリを減らす工夫をまとめています。

 

家事は結構なエネルギーを使うので…日々の負担は減らしていきたいですよね。

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ