うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

嘘を言わないようにする工夫と、嘘によって返ってくるものの影響

f:id:uenoyou111:20190130224430j:plain

嘘と言ってもいろんなものがあると思います。

 

大事にしている、というほどではないのですが。普段から意識していることがあって。

 

 

嘘をつかないじゃなく、嘘を言わない工夫ですね( ˘ω˘)

 

要は解釈の仕方なのですが、自身に当てはめれば割とブレなくなると思ったお話です。

 

※ちょっと抽象度高めになっちゃったので、伝わりづらいかもしれません。

 

 

嘘ってどんなこと?

 

ここで言う「嘘」は真実とは違うデタラメなことを言うやつです。

 

その背景には悪意のあるもの、無いものと様々です。しかし記憶・思考力が優れていたり、人格を複数持って切替可能とかじゃないと辻褄を合わせていくのは困難。

 

でないと、嘘に嘘を塗り固めていく内に自分でも把握しきれなくなります。

 

私も過去に、嘘をつくリスクを知らずに使いまくった時期がありまして。何かしでかした訳ではありませんが、無駄な労力を割くなぁと強く感じました。

 

そこで次に実践したのは素直に、自分に正直になること。

 

正直がいいのは分かっている

 

誰しも嘘をつかないで良いのなら、そりゃあ楽だと思うでしょう…でも大凡嘘をつく状況っていうのは相手が存在します。

 

そのやり取りの中で、付きたくもない嘘を知らず知らずのうちに放っています。

 

相手を慮る余りについつい…なんて言ってたらキリがありません。そう、正直さは具合を間違えると相手の領域にズカズカ足を踏み入れることになります。

 

実践してる過程ですぐに「あ、これはアカンやつだ」と気付いて方向転換しました。

 

そうこう悩んでいる内に、言わなくて良いことは言わない。言うべきことはストレートに。

 

言いたくないけど言わなきゃいけない時は、解釈や言い方をズラすというところに落ち着きました。

 

嘘を言わないようにする工夫

 

私が使っているのは、ホントのことを如何にどの方向(解釈)から見るか?という部分です。

 

ちょっと具体的な例えが思いつかないのですが、要はストレートに言ったら傷つくであろう部分を違う見方で伝える的なやつです。

 

難しい部分ですが、意識としては「どうしたら嘘をつかずに伝えられるか?」というのを根底にする感じでしょうか。

 

なんというか、1つの物事に大していろんな方向から見れるようにすると違う側面とかも見えてきて楽しかったりします。

 

そのうちの最適なものをチョイスして伝える感じ…って言葉にするとエラく難しいですね。

 

大事な部分

 

そしてこれに頼りすぎるのは非常に危険です。薄っぺらくなりますし、根は何を考えているか解らない印象を与えてしまうでしょう。

 

どうしても言わなきゃいけない時に、切り札として出すわけです。

 

でもストレートに言わなきゃいけない時は、臆さず正直に伝えます。言わなくていい時は黙って見守る。

 

このバランスが結局とっても大事なところですが、こればかりは説明できるものじゃないですしねぇ。

 

得られるメリットとしては

 

嘘を言わずに伝える工夫をしていると、事実と違うデタラメなことを話すわけじゃないのでほとんど辻褄が合います。時間経過も記憶が色褪せない。

 

相手が例え解釈違いを起こしていても「それは○○だから、そうなるんだよ~」と説明出来ますし。

 

なんなら相手の意図を先読みして「もしかして●●だと思ったから、そんな風に思っちゃったんじゃない?」とちゃんと軌道修正できます。

 

これね、プライベートじゃなくて仕事ですごく役立つと思ってます。

 

もちろんプライベートでもそうなんですが、明確な損益が発生する場面ではより信頼性が高まりますし、自分にいい面で返って来ることが多いです。

 

あと、無意識に嘘をつくことってあるじゃないですか。

 

相手から指摘を受けて「あ、やば」と思う場面が少なくなるので、自然と自信もつくかと思います。

 

もちろんこれも全てじゃない

 

ほんの一例ではありますが、例えばこの伝え方で身の危険が及ぶ時は迷うことなく嘘をつくべきです。

 

バランスって言ったら全てが片付いてしまうのであまり使いたくはありませんが、本質がどこにあるかを考えつつ取捨選択する…なんて言い方がしっくり来ます。

 

これも解釈をズラすってやつですね( ˘ω˘)

 

同じ内容でも、どこをどう捉えているかで全然話が違ってきます。例えその人が本質を掴んでいたとしても、ペラい返答じゃ底を見誤られるでしょう。

 

 

まとめ

 

若干何を言いたいんだ?って内容になってしまいましたが、嘘をつかないんじゃなくて言わないようにするにはどうしたらいいか…ってことです( ˘ω˘)

 

すごく器用な方は上手に嘘を織り交ぜて生きていけると思うのですが、私はそのへんが不器用なので言わないようにする工夫しか出来なかったのです。

 

ただいろんな側面から見れるようになると、良いことも悪いことも見えてきます。

 

良いことを抽出するように意識すると、なんか自然とポジティブっぽい意識に向くような気もします。

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ