うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

第二回、より良い睡眠の為に~アテネ不眠尺度で得られた評価の回答

f:id:uenoyou111:20181225224919j:plain

睡眠の評価をすることで、自分の睡眠度を知ることが出来ます。

 

今回は前回行ったアテネ不眠尺度で得られた結果の回答になります。

 

 

 

回答~より良い睡眠へ(時間編)

 

前回のアテネ不眠尺度にて睡眠を評価した結果を今回は見てみましょう。

 

以下のように点数付けをしてください。

 

  • 1を選択→0点
  • 2を選択→1点
  • 3を選択→2点
  • 4を選択→3点

 

それらを合計してみてください。最大で21点、最小で0点となるはずです。

 

では結果を見てみましょう。

 

結果

 

評価S 0点の方

 

評価A 1~3点の方

 

評価B 4~5点の方

 

評価C 6~9点の方

 

評価D 10点以上かつ3,4を合わせて3回未満選択

 

評価E 10点以上かつ3,4を合わせて3回以上選択

 

果たして皆さんどうなりましたか?

 

各項目ごとの詳しい評価内容

 

評価S (0点の方)

主観的に良質な睡眠が取れていると言えます。これからもその習慣を続けていき質の良い睡眠から高い活動レベルを保ちましょう。

 

評価A (1~3点の方)

おおむね主観的に良質な睡眠が取れていると言えます。今後もその睡眠から高い活動レベルを保ちましょう。

 

また、若干でも満足できなかった設問部分には改善余地が見られます。今後案内していく睡眠補助アイテムなどを活用してみましょう。

 

評価B (4~5点の方)

若干主観的に満足した睡眠が取れていないと言えます。改善要素を早めに見つけ改善しましょう。

 

今後日々の活動レベルに影響が出始める可能性もあります。今一度自分の睡眠を見つめ直すきっかけにしましょう。

 

ここからは至急改善したほうが良いレベルになります。不眠症を患っている確率も上がります。心配な方は病院を受診してみるのもアリだと思われます。

 

評価C (6~9点)

 

主観的に満足した睡眠を取れていないと言えます。

 

至急改善に向けて動き出したほうが良いでしょう。日々の活動レベルにも無意識的に支障をきたしていると思われます。

 

睡眠の質の向上によっては日々の活動レベルを大きく向上させる見込みがあります。今夜から自分の睡眠を見直すために動き出しましょう。

 

評価D

不眠症の疑いがかなりあります。日々の睡眠時間、入眠時間を至急見直しましょう。

 

ストレスなどの原因が睡眠かもしれません、改善にいち早く動き出して日々の活動レベルを取り戻しましょう。

 

評価E

不眠症の疑いがかなり高く、大きく日々の活動レベルを落としていると思われます。

 

日々のストレスなどを一つ一つ洗い出して、まずは睡眠から1日のリズムを作っていきましょう。明日すべきことをリストアップして今日は寝ましょう。

 

 

第二回まとめ

 

あなたの睡眠の主観評価はいかがだったでしょうか?

 

1か月後には1つでも上の主観評価を手に入れるためにまずは"睡眠時間”から見直しましょう。

 

時間が取れていない方は4時間半、5~7時間寝ている方は6時間7~8時間寝ている方は7時間半に睡眠時間を変更してみましょう。

 

(ベッドに入り、入眠するまでの時間を除いて)

 

きっと改善がみられるはずです。まずは行動から。

 

第三回ではレム睡眠・ノンレム睡眠について簡単に書き出していきます( ˘ω˘)

 

次回はコチラ

第三回、より良い睡眠の為に~睡眠の深さの差を知り、質の向上を図る

 

 前回はコチラ

第一回、より良い睡眠の為に~アテネ不眠尺度で自身の睡眠を評価する