うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

あれ?パソコンの動作が遅くなってきたと感じた場合の対処法4つ

f:id:uenoyou111:20181127213043j:plain

日常的にパソコンを使っている方で「最近、パソコンの動作が遅くなってきたな」と感じた時はないでしょうか?

 

いやね、動作が重たいのは案外自分だったりするんですけどね?( ˘ω˘)

 

そんな時の対処法を思い起こしつつ、まとめてみることにしました。

 

 

動作が重たい時の対処法4つ

 

順を追って、簡単→ちょっと難易度UPみたいな感じにしていきます。

 

ちなみにこのやり方が正しいのかどうかは分かりません…あと使ってるパソコンが古いのもあります。

 

ので、あくまで体感的に効果があったものを載せていきます。

 

①タスクマネージャー使って、パソコンへの負担状況を確認する

 

パソコンの動作が遅くなってきた、そんなときにまず試したいのは「タスクマネージャーによる現状把握」です。

 

タスクマネージャーを起動させると、パソコンの処理速度に関係する主要部位への負担状況を確認することができます。

 

パソコンの頭脳であるCPUや、処理するまな板の広さなどに形容されるメモリなどの状態ですね( ˘ω˘)

 

「CPU」や「メモリ」のタブをクリックすれば、大きく負担をかけている順に並び替えることも出来ます。

 

なので、どのアプリケーションがパソコンを遅くしている原因なのか特定することができます。

 

突然のフリーズにも

 

また、突然パソコンがフリーズして固まってしまった場合などにも使えることがあります。

 

パソコンがフリーズしたときに「CTRL」+「ALT」+「DELETE」キーを同時に押すと表示される画面上にも「タスクスケジューラ」が存在します。

 

なのでトラブルが発生した場合に、原因となっているアプリを強制的に閉じる役割としても応用することがあります。

 

タスクスケジューラによる各アプリの負担分析で、例えば「InternetExplorer」などが表示されていた場合にはそれを閉じると動作が改善されるでしょう。

 

あるいは、いったん再起動(終了ではなく再起動)させるとパソコン内部に貯まった情報が整理され、一時的に挙動が回復します。

 

とはいえ「インターネットで調べものや動画閲覧をするのが目的なんだけど」ということもあるでしょう。

 

その場合には今の様な一時的な方法でなく、以下の手段を講じていきます。

 

②システム構成で不要なサービスを停止する

 

以下は「特に重たいアプリも立ち上げていないのに、頻繁にCPU使用率やディスク使用率などが100%になってしまう」という場合を想定しています。

 

このようになってしまうと何をするのにも数秒程度のタイムラグが発生して、とてもイライラする使用環境になってしまいます。

 

このような場合には「システム構成」を開くか、もしくは検索欄に「msconfig」と入力して実行してみましょう。

 

すると常時、パソコンで読み込みに行っているサービスの一覧が表示されます。

 

そこに「RPCRocater」や「Fax」「Telephone」「RemoteRegistry」など、普段は使用していないサービスも多く処理登録されていることがほとんどです。

 

「パソコンでファックスや電話は行わない」「パソコンを外出先から遠隔操作したりなんかしないんだけど」という場合には、上記のサービスは処理登録から落としてしまって大丈夫です。

 

変更後には、変更内容をパソコンに適用させるため再起動が要求されます。そのまま再起動して使ってみましょう。

 

これだけでも、かなり動作が改善されることがあります。

 

上記以外にも、使用していないサービス(たとえばBlueToothやTabletなど)があったら落としてみるとよいでしょう。

 

③不要なアプリケーションやジャンクファイルを削除する

 

プログラム一覧で、パソコン内部に入れられているソフト一覧をチェックすることができます。

 

ここに使用していない重たいソフトが残っていると、パソコンにとって負担となることがあります。

 

使用していないようなソフトは、慎重に削除していきましょう。

 

インターネットの閲覧履歴や各種データを削除することも、パソコンの高速化が期待できる手段の1つです。

 

④ハードディスク異常(寿命)を疑う

 

パソコンがウィルスにでも感染していない状態で、まだ遅いとなると、、

 

パソコンのデータ格納先であるハードディスクの異常や、PC落下や浸水などによる基盤故障、メモリ異常など色々な原因が候補に上がったりします。

 

もともとCPU性能がそれほど高くなく、経年劣化がパフォーマンスが落ちてきた可能性も考えられます。これか…?

 

あまりパソコンに詳しくない場合には一度、電気店などに相談されてみるとよいでしょう。

 

 

まとめ

 

パソコンに詳しくなくても、ある程度は調べて自分で対処することが出来ます( ˘ω˘)

 

何か良さそうな情報があれば、引き続きまとめていこうと思います。

 

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ