うえのブログ

思いつくままに、書くのみです(^o^)

圧倒的コスパのMi Band 2を使って3日、既に手放せない話

f:id:uenoyou111:20180606085308j:plain

あんまり身につける系は得意じゃないうえの(@uenoyou111)です( ˘ω˘)

 

先日、愛内さん(@inaiinaiainai)の紹介記事からこんな腕時計を買いまして

 

cute.lovein-ainai.xyz

 

愛内さんはスマートウォッチの扱いでしたが、わたくしとしては活動量計という名目で買いました。笑

 

しかしこれがすごいスグレモノ感満載なんですよ、まだ使いはじめて3日ぐらいですが素晴らしさをお届け出来たらと思います。

 

 

 

 

てか、これなに?

 

ご存知の方もご存知でない方も、簡単に言うとライフログをつけてくれる腕時計です( ˘ω˘)

 

歩数・消費カロリー・心拍数・運動量・睡眠時間などなど…様々な生活の情報を記録として溜め込んでくれます。

 

 

正確にはスマートフォン経由でアプリに蓄積されていきます。

 

また、スマホ連携で着信とか通知をこのMi Band 2にお知らせすることも可能。

 

詳しい開梱レビューとかは愛内さんのレビュー記事を見て頂きたいのですが、まぁ久々に腕につけていたいと思えるアイテムに出会えました。

 

買うに至った理由

 

元々、こういうライフログをつけてくれる腕時計が欲しかったんですよ。興味で。

 

でもあんまりアクセサリーとか得意じゃなくて、普段は腕時計もほとんどしないんです。時間?スマホで確認です。

 

あと割に高い。何万とかするものが多いし、いまいち機能性も微妙。

 

でもこれ、やっすいんですよ。その時によるけど約3000円ちょっとで買えます。

 

(自身が知る中じゃ、この機能でこの価格はなかなか無いと思う…)

 

という事で、半ば勢いで買いました。

 

使ってみて得られた発見

 

これ、手首を傾けると時間が出て、更にまたひねるとスマホで設定した項目が表示されます。

 

スマホ見なくても時間や通知が見れるのはすごく便利。

 

ちなみに項目は歩数計と消費カロリーと心拍数(その場で測ってくれる)にしています。

 

まず、日々ずーっと座っている事が多い仕事ですが…意外と一日5000歩は歩いてたんだなぁーと発見できました。

 

あと面白くて無駄に心拍数測って大体65前後だなーとか。

 

睡眠時間も見てみると…

 

f:id:uenoyou111:20180605085847j:plain

 

ちなみに今は朝活中なのでかなり早い時間に寝ています。朝活する前は深夜3時に寝て5時半に起きるというとても体に悪い生活でした…。

 

f:id:uenoyou111:20180605090804j:plain

 

睡眠時間が短いとか注意された割に、96%のユーザーよりも良い睡眠と書かれる辺り闇を感じますね…。

 

この睡眠のログを見れるのは大きいです、以前の朝活前ログも見てみたいですがもう戻す気はありません( ˘ω˘)スヤァ

 

加えて防水

 

採用されている防塵・防水性能がIP67というものになっています。

 

これはIPに続く数字が防塵、防水と並んでいます。つまり、6が防塵性能。7が防水性能ということになります。

 

【IP規格】
IPコード1桁目の意味
製品外部からの近接及び外来固形物の侵入対する保護等級
~中略~
6:耐塵試験用粉塵(直径75μm)が入らないように保護されている。

IPコード2桁目の意味
製品外部からの有害な影響を伴う水の浸入に対する保護等級
中略
7:水に浸しても影響がないよう保護されている。製品を水中にて使用するもの。
8:潜水状態での使用に対して保護されている。7より厳しい条件の中で使用するもの。

IP67規格 防水試験/水没試験層-筐体設計、樹脂設計、機構設計、精密板金は双明通信機製作所

 

調べてみるとiPhone 7/Plusも同じ規格ですね。

 

日常生活での防水は問題無さそうですが、あくまで常温の水という条件を考えると一緒にお風呂入るのは推奨はされないって感じですね。

 

しかし価格が安いので、わたくしはシャワーくらいなら良いかなって思ってます。壊れたらまたレビューします(;゚∀゚)

 

軽いしバンドのバリエーションが豊富

 

実際に付けてみた感じ、かなり軽いしシリコンバンドがアクセ苦手な方でも馴染むようなものになっています。

 

f:id:uenoyou111:20180605093140j:plain

【実機レビュー#1】Xiaomiの活動計『Mi Band2』 レビュー! 開梱~外観チェック編 | 物欲ガジェット.com 

 

簡単に取り外しが出来るので、その日の気分に合わせて変えてもいいですし。

 

 

メタルな感じなのもあります。

 

 

噂によるとネックレス型もあるそうです…が食指が動きませんでした。

 

バッテリー長持ち

 

頻繁に充電しなきゃならんのは嫌だなーって思ってたんです。

 

でもこれ、専用充電器が必要になりますがUSB経由でフル充電から最大20日間もちます。

 

スマホで確認する時もバッテリー残量出るし、時計本体の表示に反映させることも可能です。

 

これだけの機能でバッテリー性能も良いとか…とりあえずお試しにしてはコスパ抜群だと思ってます。

 

 

まとめ

 

結構、興味があるって人も多いと思うんです。でも価格とか、設定とかどうなの…?って思われたりして敬遠しがち。

 

でもこれ、スマホと連携する時にアプリダウンロードして画面の指示に従うだけですぐ連携できます。

 

Mi Fit
Mi Fit
開発元:Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

あとは充電するとか、自分の好みに合わせて表示できる内容を変えるとか、そのくらいなものなので楽ちんかと…。価格もスマートウォッチや活動量計に比べると安いし。

 

しかしまだ使ってみて3日なので、追って不具合や発見等あればレビューしていきたいと思います。

 

そして出来れば興味を持った方は愛内さんのレビュー記事経由でお買い上げいただけるとすごく嬉しいです…(笑)

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ