うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

Facebook(フェイスブック)の登録方法とはてなブログの連携(パソコン版)

f:id:uenoyou111:20180604052449j:plain

ブログチャレンジに従ってFacebookのアカウントを作るうえの(@uenoyou111)です( ˘ω˘)

 

さて、噂には常々聞いておりましたが、わたくしもついにFacebookデビューです(?)。

 

どうせならネタにしちゃえ!ってことで登録方法とかまとめてみようと思います。

 

 

Facebookとは

 

恐らく知ってる方の方が多数だと思いますが、ウィキペディア先生に聞いてみると…

 

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。

Facebook - Wikipedia

 

世界最大級のSNSですね( ˘ω˘)(棒

 

こういったサービスはタイミング悪く使ってこなかったのですが、はてなブログを契機に手を出し始めています。

 

使いこなせない感が満載なので、まぁしばらくは登録してブログの連携とかすればいいのかな?ってぐらいに捉えています。

 

アカウントの登録

 

まずは登録からです。

 

Facebookに登録 | Facebook

 

こちらにアクセスすると、このような画面になります。

 

f:id:uenoyou111:20180603104110j:plain

 

必要事項を入力し、アカウント登録をクリック。

 

セキュリティチェックの為に画像に表示された文字を打ち込み、登録された電話番号やアドレス宛に送信されたコードを打ち込みます。

 

f:id:uenoyou111:20180603104206j:plain

 

私は電話番号でやりました。

 

しかし待てどもSMSが届かない…ここで届かない場合という項目があったので、自分の電話番号に電話してもらう項目を選択しました。

 

そしてアメリカ合衆国より着信があり、機械的な音声で5桁のコードが読み上げられます。

 

f:id:uenoyou111:20180603104238j:plain

 

はい、一部ですが登録完了です。かんたん。

 

この後の細かいプライバシー設定とかは省きます。

 

ブログとの連携

 

お次はブログとの連携です、はてなブログでの連携について記述していきます。

 

はてなブログにログインし、自分のIDを選択してアカウント設定をクリックします。

 

f:id:uenoyou111:20180603104317j:plain

 

そして基本設定の隣、外部サービス連携をクリックしてFacebook連携設定の項目を有効にします。

 

f:id:uenoyou111:20180603104329j:plain

 

すると認証画面に進むので、認証をすると無事に連携が完了です。

 

わたくしはFacebookにログインしたまま連携設定を行ったので、特にログイン画面とかは表示されず。

 

しかしすでにFacebookをやられていて、個人を特定できる内容で使われている方は要注意です。

 

後述しますが、身バレを防ぎたい方は連携を無効にして新たに自サイトとしてページを作成した方が良さげです。

 

連携の必要性と身バレ防止策

 

わたくしはまだやり始めて機能もよくわからないし、とりあえず色々変なことが起きる前にプライバシー設定を行ったぐらいです。

 

(てか、ブログチャレンジ用に作っただけだし…)

 

ただFacebookでも投稿をしておくと、SEO的に強い場合があったり拡散力がついたりとメリットは多そうです。

 

あと既に個人アカウントを持っていてプライベートな使い方をしている方も、ブログ用にFacebookページ名を作成してシェアすることが可能なよう。

 

こちらに関しては

 

happylife-tsubuyaki.hatenablog.com

 

もっち (id:setuyakuhappylife)さんがとても分かりやすくまとめて下さっています。

 

うーん…まずちょっと使い方覚えてからやってみよう。

 

 

まとめ

 

色々なツールがあると思うので、実際に使ってみて試しながら模索していくのが一番かと思います。

 

こういう新しいものを取り入れようとすると(;˘ω˘)(これ大丈夫なのかな…?)って足踏みしてしまうこともあるので、色々な可能性を考えて取り入れていきたいところ。

 

まずは挑戦!

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ