うえのブログ

思いつくままに、書くのみです(^o^)

最近朝活がいい感じだと思うので、実践し続けたいと思った話

f:id:uenoyou111:20180527031617j:plain

元々は完全なる夜型のうえの(@uenoyou111)です( ˘ω˘)

 

ここ3~4日くらいなんですけど、早寝早起きにハマッてます。

 

あれ、早起きってこんな気持ちよかったっけ…?っていうほど良さげだったので、少しこの辺を自分への備忘録としてまとめていこうと思います。

 

 

 

 

元々は夜型

 

前にツイッターの分析をしてくれるツールを使ったことがあったので、活動時間の分布を見てみると。

 

f:id:uenoyou111:20180410233828j:plain

 

結構遅くまで活動していることがわかります。ツッコミどころが多数あるのは置いときます。

 

振り返って見ても、今まで結構遅くまで起きているのが好きで。

 

というのも、みんなが寝静まった時間とかワクワクするんですよね。分かってくれる人いるはず!

 

早起きは苦痛。だって夜遅くまで起きているのが当たり前だから、根本から正さないと早起きリズムに合わせられるはずがない。

 

夜勤帯が自分にとってベストだと思っていた

 

更に脱線気味になりますが、夜勤帯のお仕事をしてたときは天職か!と思えるぐらいワクワクしてました。

 

朝に帰ってきて通勤・通学が落ち着くと街中って結構静かになるんですよね。

 

このときに寝るのもなんか良かった。当時は都合によりカーテンを取り付けられなかったので日差しに苦労しましたが。

 

まぁ何が言いたいかといいますと、ずっと早寝早起きとは無縁だったよっていう話です。

 

 

早寝するといろいろ元気になる

 

 

すでにコメントからしてウザさが出てしまっているのですが、元気になるんです。自然と。

 

どちらかと言うと通勤電車内のウトウトしているサラリーマン達と同じ部類だったのですが…
 

この時ばかりは「シャキッとせんか!」とお尻叩いて歩き回るんじゃないかって勢いでした。する気は皆無です。

 

体温に関しては、5時半にいつも起きて出勤するんですけど気温差からちょっと肌寒くて。

 

ちょっと困ってたのに、もう活動スイッチONだから逆に暑いくらい。

 

お腹すくし、いろいろと健康を感じられます。

 

そして見出しが「早起き」ではなく「早寝」にしているのは訳があります。

 

起きることより寝る方が大事

 

ここが実際に体験してみて気付けた重要な部分かなぁと思います。

 

というのも色々やることが多く、以前は深夜2時とか3時まで取り組んで寝て5時半に惰性で起きる。

 

ずっとこの生活を続けてたんですけど、ぶっちゃけきついんですよね。

 

 

ここでツイートしておりますが、早起きだけなら今まで確かに実践していたんです。けど毎日きつい。

 

ただそれは、時間の使い方という意味で大きな勘違いをしていました。

 

効率のいい時間を作っていく

 

とにかくやるべきことは打ち込み続けて完成次第で切り上げ、というスタイルでしたがこれは非効率的。

 

打ち込む時間が長ければ長いほど、集中力やら作業効率やらがどんどん落ちていきます。そして気付けない。

 

今は、ある程度明日の準備をしたら9時とか10時には寝ちゃいます。

 

元々は疲れすぎてうっかり寝てしまったのが始まりだったのですが「まだやることが終わってないぞ…!」という意識があると自然と目が覚めます。

 

そして深夜3時。

 

以前からは考えられないほど寝過ぎているので、作業時間がとても少ないんです。

 

なのに、いつもより短い時間でササッと仕上げられるんです。すごくないすか?

 

相対的に考えて、前より短い時間で色々こなせるようになった→効率が上がったんです。

 

つまり、自分が一番能力を発揮できる時間帯を作って、そこに作業を割り振ることが出来ている感じですね。

 

デメリットもある

 

友達付き合いとか、そういう外的な部分はとりあえず置いときます。

 

今回思うのは自身の内面についてです。

 

ポジティブに振り幅が大きくなる」という効果が感じられたのですが、これは少し誤算です。

 

時折創作めいた活動をすることがあるのですが、これがけっこーネガティブの力を必要とするんですよね。

 

www.uenoyou.net

 

この記事でもまとめましたが、創作活動という領域においては負の感情がとても影響を受けやすいという研究結果が出ています。

 

正直なところ、共存するのはなかなか難しいのだろうか…でも今の生活には間違いなく早寝早起きが一番合っている。うーん…。

 

なんて思うところです。

 

 

まとめ

 

少し長くなりましたが、要は早く寝ることに意識を注げば時間の使い方が変わります。

 

その変わった使い方が自身に合うかどうかは実践してみないと分からない。

 

ただ起きるだけだと本質的な意味では変わらない、全体のリズムから考えて人より早く寝て早く起きる、と言うところに意味がある。

 

ただ、環境によってはそれが不可能な場合も多い。

 

一例として、こんな効果があるよっていうお話でした。

 

(ちなみに実践し続けたいとか言いつつ、今日はうっかり夕方から夜まで寝てしまい、眠れません…)

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ