うえのブログ

思いつくままに、書くのみです(^o^)

嗅いだ香りから過去を思い出す心理現象、プルースト効果っていうらしい

f:id:uenoyou111:20180701234835j:plain

香りで思い出すことが結構あるうえの(@uenoyou111)です( ˘ω˘)

 

以前ですが気になったニュースはこちら。

 

toyokeizai.net

 

ニュースのタイトルのほうが気になる方は、是非リンクを踏んでいただければと思います( ˘ω˘)

 

この記事中にある、香りによって過去をフラッシュバックさせる心理現象を調べてみたのでまとめてみようと思います。

 

 

 

 

プルースト効果

 

タイトルにもありますが、例えば街なかで歩いていると懐かしい香りが…あ、そういえばあのときこんなだったなぁ。とか、香りから過去を思い出す経験がある方はいらっしゃるかと思います。

 

ある特定の香りから、それにまつわる過去の記憶が呼び覚まされる心理現象。フランスの文豪マルセル・プルーストの代表作『失われた時を求めて』の主人公が作中で同様の体験をすることから、こう呼ばれる。 

プルースト現象(ぷるーすとげんしょう)とは - コトバンク

 

悪い思い出を引き起こす場合を別にして、香りから思い出を蘇らせる時ってなんか不思議な気分になりませんか?

 

私は匂いフェチでは無いと思うのですが、季節の香りとか思い出す時はワクワクしたり嬉しい気持ちになったりします。

 

www.uenoyou.net

 

このプルースト効果は健康にも良い影響を与えるそうですが、まずは何故香りが記憶と結びつくのかというところを見ていきたいと思います。

 

嗅覚は感覚の中で例外

 

調べてみると、今日の研究では嗅覚だけ特別な回路を辿ることが分かっているようです。

 

視覚や聴覚、触覚、味覚(つまり、見たり聞いたり触ったり味わったり)で得られた情報は脳の視床を通って大脳皮質に送り届けられます。

 

そしてこの視床は寝ているときにはほぼ閉じていて、感覚を下げることによって眠りを妨げないようになっています。

 

しかし匂いだけは別で、視床を通らずダイレクトに大脳皮質に届けられます。つまり寝ている間も嗅覚だけは働いているという意味になります。

 

https://ci.nii.ac.jp/els/110007671872.pdf?id=ART0009486422&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1456092578&cp=

 

↑金沢美術工芸大、青柳りさ氏によるプルーストと脳科学についての論文直リンクPDFです。

 

また、視覚情報と嗅覚情報の記憶で比較した実験も載せられていますが、視覚は正答率90%から一ヶ月後80%、三ヶ月後には60%とどんどん落ちています。

 

嗅覚による記憶は正答率70%台でしたが、そこから期間を経てもあまり落ちなかったとのこと。

 

故に時間が経っても過去の思い出を覚えているんだなぁと妙に納得しました。

 

においは記憶と結びつきやすい

 

じゃあなぜ匂いで記憶が蘇るの?というところですが、上述した嗅覚の回路が影響しているようです。

 

嗅覚以外の感覚はすべて視床と繋がっていますが、嗅覚は違います。嗅覚の回路においては、一度鼻の受容器によって匂いが探知されると、そのシグナルはまっすぐに匂いを分析する嗅球へと運ばれます。そして扁桃体と海馬という記憶と感情を処理する部位に接続されます。

匂いが記憶を呼び起こすのはなぜ? 嗅覚と脳のつながりから解き明かす - ログミー 

 

先程は論文の記述通り大脳皮質へ送り届けられると書きましたが、新しい記憶は先に海馬へと送り届けられ、長期記憶が大脳皮質にファイルされます。

 

参考:脳と記憶、記憶のされ方

 

画像でも出してみます。

 

f:id:uenoyou111:20180701210040g:plain

日本学術会議_おもしろ情報館 

 

f:id:uenoyou111:20180701210609j:plain

大脳辺縁系のおはなし | 前帯状皮質 | 帯状回 | 扁桃体 | 視床 | 視床下部 | 海馬 | 歯状回 | 脳弓 | 乳頭体 | 海馬傍回 | 側坐核 - Akira Magazine

 

詳しくはリンクをご参照下さい。

 

以上から嗅覚だけは、不思議とその時の記憶だけじゃなく、その時の感情も生々しく呼び起こされるわけですね。

 

体調もよくなる?

 

こちらは花王感性科学研究所や愛知医科大などの研究グループが検証結果をまとめているようです。

 

実験では、男女計10人(20~35歳)に自分の肯定的な体験を思い出し、プルースト現象につながる市販の香水と、具体的な記憶と結びつかない未発売の香水をそれぞれ2分間嗅いでもらい、PET(陽電子放射断層撮影)で、脳の状態を比較しました。

香りで記憶が蘇る「プルースト現象」で懐かしい香りが脳や体を活性化することが明らかに!!匂いで体調改善!! | コモンポスト

 

実験結果によると、前頭眼窩野・後部帯状回が同時に活性化し、血中内の炎症物質が軽減。体の状態を良くする効果が見込めたとのこと。

 

こちらも詳しくはリンクをご参照いただければと思います。

 

 

まとめ

 

他にも雨の日なんかは落ち着くので好きなのですが、雨の日の匂いについてまとめています( ˘ω˘)

 

www.uenoyou.net

 

無意識だったのですが、もしかすると鼻がいい説浮上という…

 

 

ぼーる丸さん(@ballmaru0)とやりとりしてた内容です。

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ