うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

うえのブログ

社会人の勉強って何を意味するの?勉強したほうがいいと言われる理由

f:id:uenoyou111:20190109010740j:plain

よく社会人になっても勉強はすべき!とかあちこちで言われてるじゃないですか。

 

正直、この勉強ってなんとなーく分かっていながらも、あえて自分の中で噛み砕いてみたことは無いのです。

 

最近大事だよなーって思いつつ「なんで大事なんだ?」と思ったので自分に問いかけてみようと思います( ˘ω˘)

 

 

勉強の意味

 

私はほとんど推薦で進学し続けてきたので、受験勉強というものは経験しておりません。

 

しかしながら、学生時代は勉強をたくさんしなきゃいけないって思っていたし、単純にテストで良い点取ることが勉強だと思ってました。

 

そして社会人になると、気付くのは勉強をしてる人がほとんどいないということ。

 

日々の業務に忙殺され、自ら学ぶっていう意欲がなかったり。

 

まず学生時代と比べて勉強しにくくなるのもありますよね。

 

もちろん業務で使うこととか、必然的に勉強しないと仕事にならんってのもあります。でも覚えちゃえば、あとは継続的に使って精度を高めるだけ。

 

そういう意味では、必ずやらなきゃいけないこと以外の勉強って何の意味があるの?なんて思います。

 

自身が思う勉強とは

 

いい言葉が思いつかなかったのでざっくりですが、きっとそれは「何かを成し遂げる力を養うこと」なんだと思います。

 

テストでいい点を取る、資格を取って収入UP、自分のやりたいことの為に、などなど。

 

あ、結果を出す力ってのもいいですね。

 

テストだとまさに点数という形で結果が出ますし、社会人なら収入、趣味なら何かやりたいことを達成するとか、それで得られる反響とか。

 

道は違えど何らかの形で結果が出ます。そのやり方を学ぶこと、それが勉強なんじゃないかなと思います。

 

勉強が続かない理由

 

周りでも結構います、目標立てたけど数日後には「あれ?もうやめたの?」なんて人とか。

 

本当にやりたいことならやってると思うので、きっと動機が曖昧なのでしょう。

 

目標を設定して達成することが何故良いのか?個人的に感じる自信の成長でも書きましたが、やりたいことって直感です。直感。

 

もっと自身の本当の気持ちというか、心の声と対話すべきです。オカルトじゃなくて。

 

本当にやりたいこと、これを見つけない限りは…それに進むべき道も見つかりません。

 

ダイレクトにこれやりたい!って思った最初の感情に目を向けましょう、気づいたらそこに「いや、時間が…」「お金が…」とか色々言い訳し始めますので。

 

※公序良俗に反することを除く

 

勉強したほうがいい理由

 

これも色々言われる部分ですが、単純に自分のやりたいことがあるならそれに向かって進むほうが絶対に楽しいです。

 

そしてこの楽しさは当事者にならないとわからない部分。

 

おそらく私の周りの人ほとんどが、こういう考えを持っていません。

 

そういう人たちは安定を求め、話してる目線が近めでちょっと視点がズレるし、わりかし否定的な考えを持っています。

 

変化を嫌うというか。

 

もちろん彼らにもいい部分はたくさんあるし、自分に無いものを多く持っている。

 

だからこそ、もっと自分の本当にやりたいことに目を向けて切磋琢磨したら、自分より素晴らしい世界が広がるのになーとか思ったりします。

 

ただ楽しいだけじゃなくて、可能性。自分に大きな可能性がある!って思うと、いろんな部分でいい影響をもたらします。

 

それが、勉強すると良いと思う(個人的な)理由です。

 

変化を楽しめるようになる

 

前までは私もあまり変化は求めず、どっちかというと同じことをより精度高めてこなしていくことに大きな意義を感じていました。

 

最近では、過去の自分みたいな人を束ねて何かさせたほうが、より面白くない?とか思うようになったり。

 

きっとまだまだ変化していくんだと思っています。

 

以前まではプライベートの時間が全く無く、日々忙殺されていました。

 

完全にブログがきっかけですが、そこからこの環境を変えようと休みの多いところへ転職。

 

もちろん仕事は割り切ってたので、プライベート楽しい仕事ツマラン…というメリハリが出来上がりました。

 

あとはこの仕事時間をどうしていくか。楽しくなるように工夫していくか、違う道を選ぶか。ここが目標となってきます。

 

で、どの道も選択できる、そしてその可能性が大いにある…なんて分かってたら。どうですか?

 

ど・れ・に・し・よ・う・か・な~状態だと、変化を楽しめるようになると思うんです。単純に私が感じてる部分はこんな感じ。

 

でも、これが正しいとは思わない

 

私は自分を認める力がそこそこあると思っているので、間違っているかもしれない…という自分もいると確信しています。

 

今はこんな考えでも、すぐに周りから得られた結果が違えば調整していくべきだと思いますし。

 

絶対・安定なんてものはない。進むか退く(留まる)の二択しかないと感じています。

 

だから逆に、変化を嫌うということはそこに留まる(つまり退く)のと同義。

 

変化を受け入れつつ変化していって、時には後退も選択肢に…なんて柔軟な考えが必要なんだろうなって思いつつ、多分全然できていません。

 

これも課題ですねぇ( ˘ω˘)

 

 

まとめ

 

社会人になってから勉強をする、ということは。自分の可能性を広げてより楽しい人生を送ること。

 

あれ、これじゃちょっとキレイ過ぎる?

 

できることを増やす!なんて感じが簡単でいいですかね( ˘ω˘)

 

でもあくまで個人的に、最近感じてる部分です。また改めて見直したら微妙にニュアンス変わってるかもしれません。

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ