うえのブログ

身の回りの気になった事を記事にすることが多いのですが、気付いたら雑学系が多くなりました。今のとこ一年以上は毎日更新しちゃってます(^o^)

アドセンスの広告掲載率を調整して収益を維持しつつ広告を減らす

f:id:uenoyou111:20180722022733j:plain

アドセンス分かんないことだらけのうえの(@uenoyou111)です( ˘ω˘)

 

前回アドセンスでリンク広告とABテスト導入でクリック率&収益が増えたという記事にて、リンク広告の導入とABテストの導入をしました。

 

で、ABテストの内容としては広告掲載率の調整です。

 

実際にテストをしつつ調整してますが、今回は解説っぽいものとやり方についてのお話です。

 

当ブログでは今のところ、リンク広告と自動広告を設定しております。掲載率を調整しなければ広告が多めに表示されている状態…となっております。

 

この掲載率を最適化する、という内容です。

 

導入時にリンク広告も入れてしまったので単独の比較が出来ないのは残念ですが、クリック数UPだけじゃなく単価も上がってるので効果が出まくってると思います( ˘ω˘)

 

 

広告掲載率の調整って?

 

やり方は後述するとして、アドセンスには広告掲載率を変動する為のスライダーがあります。

 

f:id:uenoyou111:20180721230827j:plain

 

こんなやつ。これで視覚的に、広告の表示率に対する収益の推定値を調整することが出来ます。

 

サイトでの広告掲載数を、掲載可能な総数の 70% まで絞りたい場合、[広告掲載率] ページのスライダーを動かして、広告掲載率を 70% に設定します。

広告掲載率とは、サイトからご提供いただいた広告ユニットに対して、実際に広告が配信される頻度のことです。

広告掲載率を 70% に設定した場合、広告ユニットに広告が供給される頻度が、全体の 70% 以内まで絞られます(その際、収益性の高い広告から優先的に表示されます)。

[見積もり収益] 欄には、(過去の収益データに基づいて)その設定で収益にどのような影響が出るかが表示されます。 

サイトの広告掲載率を最適化する - AdSense ヘルプ

 

つまり広告の掲載率を下げるとユーザー視点で広告が少なくなり見やすくなる…といった具合です。

 

ただ、広告数を下げるとアドセンスによる収益が少なくなってしまいます。収益に影響が出るのはどれくらいか?という部分を以下で見ていきます。

 

少なくした場合

 

じゃあ自ブログでやってみましょう。70%まで下げてみた場合。

 

f:id:uenoyou111:20180721231515j:plain

 

今でてる広告を3割減らしても、推定で99%の収益…結構高いなぁと思いました( ˘ω˘)

 

あくまで推定値なので、これでユーザーエクスペリエンスが向上してそれ以上の効果が…というのも長い目で期待できるかもしれません。

 

今のところは82%ぐらいが一番調子いい気がします。随時テストをして最適な数値を狙っていきたいところです。

 

広告を減らすって、単価の高い広告は?

 

じゃあ広告を減らすのはわかった、でもワンクリックだけで高額な広告もあるけど…それ消されるんじゃないの?という心配が出るかと思います。

 

ここはアドセンスのヘルプにも書かれていますが。

 

広告掲載による収益の多くは、実際には比較的少数の広告インプレッションから生じていることが一般的です。特に収益性が高い広告だけに絞って表示することで、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトのユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

サイトの広告掲載率を最適化する - AdSense ヘルプ

 

つまり、広告の掲載率を最適表示するということは、収益性の高い広告を掲載率に応じて優先表示。収益に繋がりにくい広告から非表示にすると。

 

ユーザーも満足しつつ、収益も下げないというステキな考え方です。

 

 

広告掲載率の設定方法

 

では実際に設定していきましょう。アドセンスにログインしたあと、広告の設定→広告掲載率と進みます。

 

f:id:uenoyou111:20180722023407j:plain

 

ここで先程載せた画像が出てきます。

 

f:id:uenoyou111:20180721230827j:plain

 

下にある●を任意の場所までスライドさせ、推定値が100%のところで可能な限り表示中の数字を下げていきます。

 

テストで様子を見てもいいですし、適用だとそのままダイレクトに収益へ影響が出るので確かめるという意味でやられても良いかと思います。

 

収益が悪化する方もいる様子

 

いくつかのブログを見て回りましたが、掲載率を下げることで収益が少し下がってしまったという記事も見られました。

 

(しかしPVが下がってしまった影響や、確実にこればかりが原因とは言えないという見方もされていたり、原因は多岐にわたると予測できます。長い目で見ての比較が必要となるでしょう)

 

当ブログでは新しく導入したリンクユニットと自動広告の併用で、少し掲載率が多すぎるだろう…という理由で調整しました。

 

しかし思ったより単価が上がったので、いい方向に働いていると体感ですが考えています。

 

また、テストをしないでやられる場合は推定値をギリギリ100%のところで設定するのではなく、余裕を持った少し前の数値で固定すると良いかもしれません。

 

非表示になると空白になる?

 

これはいくつかの記事を見ていて発見したことです。分かりやすく画像を表示してくださっていたこちらを引用。

 

広告掲載率を設定すると、収益性の低い広告は非表示になります。実はこれがによる影響が結構大きいです。具体的には、設置したアドセンスが非表示になり、サイトのレイアウトが崩れるということが起こります。当サイトでも下の画像のようにアドセンスが非表示になりレイアウトが崩れました。

f:id:uenoyou111:20180722024707j:plain

f:id:uenoyou111:20180722024712j:plain

アドセンス広告掲載率のおすすめ設定 | 4mirai

 

しっかり確認していませんが、自動広告の場合と手動広告の場合でも違うようなので情報が出揃い次第で追記対応したいと思います。

 

 

まとめ

 

広告の掲載率を調整した結果、単価が上がったのでとても効果が出てると感じます。大変オススメ。

 

自動広告についてはアドセンスの自動広告を設定してみたら、クリック率が倍上昇したという記事にて解説をしています。

 

広告が多いと感じる方は、是非調整して収益を見てみるのはアリだと思います。

 

 

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ